HOME > パンレシピ > ソフトタイプ(自家製天然酵母) > 抹茶ロールパン

抹茶ロールパン

材料

抹茶ロールパン
  • 強力粉 250g
  • パン種 100g
  • はちみつ 大さじ1
  • バター 30g
  • 水 140cc
  • 塩 小さじ1
  • 抹茶 小さじ2
  • 水 小さじ2(抹茶用)
  • 卵 適宜

作り方

〔中に入れる具材等の準備〕

  • 抹茶に同量の水を加えて馴染ませておく。

〔捏ね〜一次発酵〕

捏ね
  • 大きめのボウルに、強力粉、パン種、はちみつと、水を分量の半分ずつ様子を見ながら加えて混ぜ、まとまってきたら塩を加えて捏ねる。更にそこへバターを加えて捏ねる。バターが入ると捏ね易くなるが、生地も柔らかくなるので水加減には注意して下さい。
  • ほぼ練りあがったら生地をスケッパー(カード)で2等分する。
  • ひとつはそのまま練り上げ、もう一方には抹茶を加えて練り上げる。
  • 生地が捏ねあがったら、2〜3倍に膨れるまで一次発酵させる。(25℃前後で5,6時間)

〔成形・ベンチタイム〜二次発酵〕

成形
  • 生地を取り出して上から軽く押さえてガス抜きをして、スケッパー(カード)でそれぞれの生地を8等分する。
  • それぞれを丸めて、生地のとじ目を下にして、固く絞った濡れフキンをかけて、20〜30分生地を休める。
  • ベンチタイム終了後、生地を軽く押さえて平らにして、折り込んでいき円柱状にする。
  • 台の上でコロコロと転がして、長さが10cmぐらいの円錐状にする。
  • 2種類の生地を重ね合わせて、細い方の端から麺棒で細長い三角形状に平らに伸ばす。
  • 三角形の底辺にあたる部分からクルクルと巻きあげていき、端を下にして生地をオーブンシートを敷いた天板の上に並べる。
  • 固く絞った濡れフキンをかけて、1時間30分〜2時間、生地が1.5倍ほどに膨れるまで、二次発酵させる。

〔二次発酵〜焼き〕

二次発酵
  • 二次発酵後、卵を溶いて表面に塗る。
  • 空いている部分に霧吹きでたっぷりと霧を吹く。
  • 210℃のオーブンで15分焼いたら完成。
  • 焼き上がったら直ぐに、金網や籠の上に乗せて冷ます。

メモ

  • ロールパンに抹茶を一緒に練りこんでみました。
  • 生地を成形する際、生地の上下を換えて巻き上げると違った模様が出来て目でも楽しめる。
  • バターの量を加減したり、生地には水の代わりに牛乳を使ったり、スキムミルクを加えたりして、お好みのロールパンを作って下さい。香りや食感が変わってきます。
  • 生地のとじ目やカットした部分は常に下に来るようにして、上に来る部分は張りを出すように成形していく。
▲この画面の上へ